PVアクセスランキング にほんブログ村

等身大むにえる。

役立つ情報は基本ありません。大学生の日々を等身大で

コロナと大学生

今まで出してきた記事は1番はじめの記事を除いて音楽のことについてでしたが、自分は大学生でもあるので今回はコロナウイルスの影響を大学生の目線から話していきたいと思います。

大学, 講義, キャンパス, 教育, 人, セミナー, 研究, 学校, 学ぶ, 勉強, 教室, 座っている

 

僕は一般的な男子理系大学生です。

コロナウイルスの影響でキャンパスへの立ち入りを規制されてどのくらい経ったでしょうか。

少なくとも新年度に入ってから大学には未だに行ってません。

 

授業の方はというと、自分の大学は4月末からオンラインでの再開となりました。

入学した時分を振り返ると、希望と不安を胸に大学生活をスタートさせたのを覚えているので卒業式や入学式がなくなった人もいるだろう今年の新入生を思うと不憫で仕方ありません。

 

 今回はコロナウイルスの影響による大学生活上の変化についてポジティブ要素・ネガティブ要素をあくまで個人的意見として挙げていこうかと思います。

 

ポジティブ
  • 時間的余裕
  •  オンデマンド授業
ネガティブ
  • 課外活動
  • オンデマンド授業
  • オンライン不可なもの
  • アルバイト

 

 

ポジティブ

①時間的余裕

先述の通り自分の大学はオンライン授業という形をとることで学業を再開することが出来ました。

オンラインで授業になったことにより、まず大学への登校をする必要がなくなりました。

これにより通学時間という概念がなくなったことで朝に余裕が生まれたり、一人暮らしの学生は空きコマを利用して家事をこなすことが可能になったのではないかと思います。

 

②オンデマンド授業

オンライン授業といっても時間割に合わせたzoomなどを利用したリアルタイムで行われるものばかりというわけでもありません。

録画された授業映像が大学のサイトやgoogle classroomにあげられて自分の好きなタイミングで視聴することができるオンデマンド授業があります。

自分の場合はこっちのほうが多いです。

オンデマンド授業の場合自分の都合に合わせて自由に好きな場所と時間で授業を受けることができます。

もう一つリアルタイムの授業にないオンデマンドの利点としてノートをとるために一時停止をしたり巻き戻して何度も確認したりすることができます。

 自分は理解しながらノートをまとめたいので、この点は個人的にはとても大きいです。

 

 

ネガティブ

①課外活動

コロナウイルスの影響で行動が大きく制限されています。

これは部活やサークルなどの課外活動も例外でなく、自分の大学ではオンラインでの活動以外は規制がかかっています。

ほとんどの団体が活動ができていない状態なのではないでしょうか。

また新年度になりいざ新歓だという時期にオンラインでの新歓だと自分たちの活動や魅力を伝えきれないもどかしさがあります。特に運動部は苦しんでいるようです。

 

②オンデマンド授業

ポジティブ要素としてもあげたオンデマンド授業。

じゃあ、何がネガティブなのか。

それは、利点として述べた「オンデマンド授業の場合自分の都合に合わせて自由に好きな場所と時間で授業を受けることができます。」という点。

すべての学生がそうであるわけではないですが、少なくとも僕はこの特徴を悪いほうに利用してオンデマンド授業をため込んでしまっています。

ため込みすぎると手に負えなくなって爆発する未来は目に見えてるのに…

 

③オンライン不可なもの

オンラインでできないこととは何か。

僕は必修科目としてスポーツがあるのですが、どう考えてもオンラインではできない。

eスポーツをやるわけもないし、今後どのような対応になるのか不安な気持ちがある。

 

④アルバイト

コロナウイルスの影響でアルバイトができない。

これは多くの学生に関係し、また大きい問題であろう。

自分もアルバイトをする状況になく、欲しいものがあっても躊躇う日々が続いている。

 

 


 

 

オンラインでも授業が始まったのはありがたいが、やはりキャンパスに行って講義を受けるスタイルのほうが自分の性に合っているということが今のところの自分の結論だ。

1日も早くこのコロナウイルスが収束して以前の生活に戻ることを切に願う。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ