PVアクセスランキング にほんブログ村

等身大むにえる。

役立つ情報は基本ありません。大学生の日々を等身大で

zoom勉強会のすゝめ

 

コロナの影響で広まったzoom。

オンライン飲み会やオンライン授業でお世話になっている人も多いでしょう。

そんなzoomを僕はここ数日間毎日数時間やっています。

 

僕の今期履修している授業はすべてオンデマンド授業なのではっきり言ってzoomは僕の生活に飲み会以外での必要性は皆無でした。

 

それなのに毎日zoomをするようになった。

なぜ僕がzoomを使い始めたのかを今回は話したいと思います。

子供, 勝利, 成功, ビデオ ゲーム, 再生, 幸せ, ノートブック

 

きっかけ

きっかけは高校同期の1人が作業やりながらzoomしたいとツイートしたこと。

 そこに群がったのは高校同期。

その時は一過性のイベントとして楽しく過ごした。

 

その次の金曜日また別の1人が、だれそうだから作業zoomしたいと。

その会は人を呼びすぎて騒がしくなってただの雑談枠になって、なんなら高3のときの担任まで参加させて深夜まで続いた。

 

けれども次の日発起人は勉強熱心でテスト勉強をしたかたったので人数を制限して再度開催。

前回の反省を活かしたこともあってみんな集中して各々の課題や作業に取り組む。

共に受験期を過ごした仲間だけあって沈黙が続いても困らない。

小話をはさんでも息抜きになってよい。

もともとにぎやかなクラスだったので話しながらでも作業はできた。

 

魅力

ここ一週間ほど頻繁に行っているzoom。

その魅力は何か…

 

それは

 

捗る

 

これに尽きる気がする。

 

気の合う仲間とたまに雑談をしながら作業をする。

このzoom勉強会のおかげで普段だと(ベッドの上の田村麻呂)になってYouTubeをみている時間にも机に向かって何かしらをしている。

なんなら今週出す課題を昨日の時点で終わらせることができた。

 

一人だとついついだらけてしまうこともあるけれど、人の目があると変わってくる。

これが一人でなく複数人だからできることのように思えます。

他の参加者もみな「進捗ダメです」ということはなく捗っている様子。

 

 

 

 

皆さんも気の合う仲間に掛け合ってzoom勉強会を開いてみてはいかがでしょう。